© 2016 Five Project / Kazuki Go

Contact

各出版社の

書籍編集者の皆様へ

 

ビジネス書や実用書の編集協力(インタビュー、ライティングなど)のご依頼・ご相談は下記フォームよりお願いいたします。24時間以内に返信いたします。

 

News

May 2, 2016

Please reload

 

Mission

孫子の言行を後世に残した弟子たちのように、

イエスの教えを広めた十二使徒のように、

現代に生きる偉人の価値観や

未来を創るイノベーターのアイデアに迫り、

だれでも分かる言葉に置き換え、伝え広めることで

社会に貢献すること。

Who I am

郷 和貴〔ごう・かずき〕

 

ビジネス書、実用書のブックライター。

1976年東京生まれ。アメリカ・ニュージャージー育ち。早稲田大学第一文学部哲学科人文専修卒。東京都世田谷区在住。

国産OSメーカーでのエンジニアとしてのキャリアを皮切りに、米国半導体メーカーの技術営業、イベントプロダクションのプロジェクトマネージャー、雑誌編集者など多彩な職種を経て2014年に独立し、本の世界に入る。

 

IT、ビジネススキル、自己啓発、コミュニケーション、投資・資産運用、若者論、教育、政治など幅広いテーマをカバー。執筆活動ならびに出版社の依頼による編集協力業務(取材、構成、ライティング、リライト、翻訳、リサーチなど)を精力的にこなす。

 

「普段、本を読まない人でも理解できる文章を書くこと」が信条。

 

https://www.facebook.com/kazuki.go

 
 

Works

「編集協力」または「構成」として携わった書籍を紹介いたします。

(表紙の画像を押すとAmazonに飛びます)

1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法

プレジデント

2019/2/28 山口揚平著

アマゾン「キャリアデザイン」ランキング1位。元コンサルタント、現ブルーマーリンパートナーズ代表、山口揚平氏によるメタ思考の指南書。タイトルは柔らかいですが、いままでの取材で一番脳筋を使った内容となっております。

入門 起業の科学

日経BP

2019/2/28 田所雅之著

アマゾン経営ランキング1位。「起業の科学」の入門版。起業プロセスの全体像を掴んでいただくことを目的に、文量的にも、文体的にも、価格的にも、判型的にもライトに仕上げてあります。学生さんやカタカナ用語が苦手な方でも読めるように全面的に書き直しました。

暗号通貨VS.国家 ビットコインは終わらない

SBクリエイティブ

2019/2/6 坂井豊貴著

気鋭の経済学者、坂井豊貴先生による仮想通貨の入門書。本書ではブレスト相手と資料作成でお手伝いさせていただきました。坂井節とも言える独特のテンポと読みやすい文体はさすがです。

東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!

かんき出版

2019/1/21 西成活裕・郷和貴著

あっという間に15万部突破! トーハン週間ビジネス書ランキング1位。アマゾン数学ランキング1位。渋滞学という分野を開拓された数理学者、西成活裕先生による、最短で中学数学を学び直せる本。ゴロゴロ寝っ転がりながら先生と生徒の対話を読み進めるだけで、お子さんに数学を教えられるようになります。私も「聞き手」として表紙にクレジットされています。

自分を強くする

フォレスト出版

2018/10/6 横山信弘著

アタック・セールス・アソシエイツ社長で「絶対達成社長の会」を主催する横山信弘氏氏による、自己改革の手引書。VUCAの時代を颯爽と生きていくために必要なことはブレない芯ではなく、変化を楽しめる人になること。その具体的な方法がNLP理論で丁寧に説明されています。

図解 鬼速PDCA

クロスメディア・パブリッシング

2018/6/29 冨田和成著

ベストセラー「鬼速PDCA」の図解版。鬼速PDCAの細かいプロセスを確実に回せるようになることにフォーカス意識して、元の本のエッセンスを損なうことなく、よりコンパクトに、よりわかりやすく仕上げました。

若者わからん! - 「ミレニアル世代」はこう動かせ

ワニブックス

2018/6/8 原田曜平著

「マイルドヤンキー」「さとり世代」などの流行語を生み出してきた若者研究(若者マーケティング)の第一人者が初めて経営者向けに書いた、若者の採用・管理・育成に関する指南書。団塊の世代の本格的な引退によって企業の「人手不足」がますます深刻化している昨今、従来の「上から目線」の採用やマネジメント手法が通用しなくなっています。NHK 「クローズアップ現代」でも取り上げられました。

すべての仕事は10分で終わる マルチタスクでも仕事がたまらない究極の方法

SBクリエイティブ

2018/5/19 森川亮著

森川氏はご存知、NAVER時代にLINEを作った張本人。その社長職を捨て現在は若い女性向けの動画メディア「C CHANNEL」の経営をされています。本書はそんな森川社長が長年をかけてブラシュアップしてきた仕事の処理の仕方を体系化したもの。「鬼速PDCA」の冨田社長同様、相当な自己管理マニアで効率を突き詰めるといきつくところがほとんど同じだということに一番驚きました。残業規制の影響などで仕事のスピードアップが不可欠という方はぜひお読みください。

リーダーシップは誰でも身に付けられる―海上自衛隊が実践する、米海軍式の最強リーダーシップ論

アルファポリス

2018/4/1 伊藤俊幸著

海上自衛隊という超巨大組織のナンバー2まで上り詰めた元海将による初の著。軍事組織というと厳格なトップダウンのイメージが強いですが、日本の海上自衛隊が戦後、アメリカ海軍に倣って導入したのはフォロワーシップ型リーダーシップ。部下に率先して考えさせ、進言させることで次世代のリーダーを育てる仕組みです。そこに必要なのはカリスマ性ではなく、意思決定力と危機管理力と組織人としての礼節。リーダーシップ論としても組織論としても実践的な内容に仕上がったと思います。

AIロボットに操られるな!

ポプラ社

2017/12/8 大塚寛著

Amazonロボティックスカテゴリ1位獲得。セグウェイジャパン社長にして、サービスロボット(産業ロボット以外のロボット)の専門家でもある大塚社長による初著作。巷のAIブームや、小型ヒューマノイド型ロボットブーム、はたまた時代錯誤のロボット業界や行政に対して「もっとロボットの本質を考えましょう」と警鐘を鳴らします。

起業の科学 スタートアップサイエンス

日経BP

2017/11/2 田所雅之著

発売以来、Amazon経営書ランキング1位をキープ。連続起業家でVCのパートナーなども務める田所雅之氏が5年の年月をかけて起業の手順を一つにまとめ、世界で5万回シェアされた伝説のスライド「スタートアップサイエンス2017」の書籍化。取材時間のべ20時間、20万字超え、執筆期間2ヶ月の超大作。

営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて

クロスメディア・パブリッシング

2017/9/27 冨田和成著

Amazon営業カテゴリ1位獲得。敏腕営業が集う野村證券にて最年少記録を続々と打ち立てた著者が、そのノウハウや思考法をあますところなく紹介しています。成果を出すのに必要なのは天性の才能ではなく、「正しい努力」を人より多く積み重ねることであることが痛感できる1冊です。

プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?――その投資法と思想の本質

ダイアモンド

2017/9/14 冨田和成著

Amazon投資カテゴリ1位獲得。著者の冨田和成氏は元野村證券の最年少プライベートバンカー。富裕層のみを顧客とするプライベートバンクの実態はベールに包まれていますが、この本を読めばその実態がわかります。本書の最大の価値はプライベートバンクが顧客に指南する投資・資産運用のノウハウを、私のような庶民でも理解し、実践できるレベルまで落とし込まれていることです。大変、勉強になりました。

なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

ディスカヴァー・トゥエンティワン

2017/8/26 家入一真著

Amazon経済書ランキング1位獲得。連続起業家としてさまざまな事業を手掛け、都知事選にも出馬した家入さんが、なぜいまフィンテックの世界に参入し、CAMPFIREを率いて革新的な施策を次々と実現しているのか? その答えがこの本に書かれています。ツイッターでも大変高い評価をいただいております。#なめ金

人工知能時代を生き抜く子どもの育て方

ディスカヴァー・トゥエンティワン

2017/4/20 神野元基著

子どものつまづきポイントを見抜いて最適な問題を出してくれる人工知能型教材キュビナの開発と、次世代学習塾コンパスの運営をしている神野元基社長の処女作。AI先生を開発した動機は「圧倒的な学習効率を実現し、世界中の子どもたちに時間を作り、来るべき人工知能時代に備えてもらうため」と神野社長。いざ話を聞いて見ると「どんな時代になるのか」「どうやって備えるのか」という話の方が面白かったので、そちらを全面に押し出しました。人工知能やIoTの入門書としてもおすすめです。

自分とチームの生産性を最大化する 最新「仕組み」仕事術

ディスカヴァー・トゥエンティワン

2017/4/20 泉正人著

累計30万部の大ヒット作『「仕組み」仕事術』の改訂版。前作の発売から9年、スマホやクラウドサービスを中心に便利なツールが数々生まれ、著者の仕組みも劇的に進化していたため全面リニューアルに至りました。また個人だけではなくチームで使える様々な仕組みも紹介しています。

いい男論 〜本物と呼ばれる人は、何を大切にしているのか?〜

クロスメディア・パブリッシング

2017/2/20 永松茂久著

著書累計80万部、講演会動員数累計30万人と熱狂的なファンを持つ人材育成家の永松茂久氏が、「男の在り方」にフォーカスして書き上げた渾身の一冊。構成会議の時に「こんな時代だからこそ正論を通したい」とおっしゃったことが印象的でした。

わたしなら日本をこう守る - 半世紀 日米同盟を支えた“侍"の大戦略

ワニブックス

2017/2/8 ジェームズ・E・アワー著

アマゾンの安全保障カテゴリで1位を獲得。日本配属の海軍将校を経て、レーガン政権時はペンタゴン安全保障局日本部長として活躍。89年からはヴァンダービルド大学にて日米研究協力センター所長として、半世紀に渡って日米同盟を支えてきた親日家ジェームズ・アワー氏の初の著作です。いままで発表されてきた膨大な論文を組み合わせて1冊の本に仕上げるという自分にとってははじめてのチャレンジで、構成者冥利につきる案件でした。

勝負論

ワニブックス

2017/2/8 竹中平蔵著

小泉元首相のブレーンとして学会から政界に飛び込み、郵政民営化や不良債権問題といった難題に取り組んだ竹中さん。スーツを新調するくらい緊張しましたが、とても紳士的な方で終始和やかに取材ができました。政界の裏話だけではなく、歴史上の逸話からフィンテックの取り組みに至るまでさまざまな話題が出てくるので、面白い読みものに仕上がったと思います(外為どっとコム主催のセミナーをベースに追加取材を行い書籍化しました)。

コンピュータは私たちをどう進化させるのか 必要な情報技術がわかる8つの授業

ポプラ社

2016/12/8 橋本昌嗣編著

誰でもコンピュータの未来が予見できるようになることを目的に開講されているデジタルハリウッド大学大学院の人気講義「コンピューター・アーキテクチャ」の書籍化。8つの授業があり、講師はいずれも各分野の最先端企業の現役社員。元プログラマの経験がようやく活かせました(笑)。

鬼速PDCA

クロスメディア・パブリッシング

2016/10/24 冨田和成著

10万部突破。ビジネス書大賞2017ノミネート。急成長中のフィンテックベンチャー、ZUUの冨田和成社長の2作目です。前作の「大富豪が実践しているお金の哲学」の制作過程で冨田社長が個人的も、そして全社的にも実践している「鬼速PDCA」というものに非常に興味を持ち、編集者に相談したことがきっかけとなり生まれた思い入れの深い作品。断片的な情報を提供するライトタッチなビジネス書と違って、理論の体系化がいかにチャレンジングが思い知らされた作品でもあります。

資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法

大和書房

2016/9/23 鬼頭政人著

Amazon勉強カテゴリランキング1位! 著者は弁護士からベンチャーキャピタルを経て、次世代型資格試験スクール「資格スクエア」を立ち上げた異色の経歴の持ち主。本屋さんでは試験コーナーに置いてありますが、「勉強」を「仕事」に置き換えて読めば一流のビジネス書です。

人を動かしてしまう すごい質問力

ワニブックス

2016/8/29 櫻井弘著

質問は知りたいことを聞き出すときに使うだけではもったいない! 質問力は子育て、マネジメント、営業、恋愛などにおいて最強のスキルである! 会話の研究者・櫻井弘氏による究極の質問本。

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

クロスメディア・パブリッシング

2016/8/12 宇都出雅巳著

3万部突破。発売早々アマゾンランキング1位! 東洋経済発表のビジネス書週間ランキングでも2位を獲得! 仕事のミスを減らしたいなら「ミスをしないぞ」と気合をいれるのではなく、脳がミスを犯すメカニズムを知るべきである。脳科学マニアで現役のコーチでもある宇都出雅巳氏が、誰しもが直面する仕事のミスの原因を解き明かし、最善の対応策を紹介していきます。

世界ナンバーワンの日本の小さな会社

クロスメディア・パブリッシング

2016/7/26 山本聖著

中小企業経営者必読。地域プロデューサー山本聖氏の2作目。日本で唯一現存する馬具メーカーとして世界のトップジョッキーに鞍を提供しつつ、カバンや財布などの一般革製品でも高い評価を受けるソメスサドル。そして、世界中のウィスキーマニアに愛される「イチローズモルト」を手がける秩父の小さな蒸留所、ベンチャーウィスキー。両社の社長への取材を通して、地方の小さなメーカーが世界的な評価を受けられるブランドまで成長した秘訣を紐解いていきます。

大富豪が実践しているお金の哲学

クロスメディア・パブリッシング

2016/5/2 冨田和成著

日本最大の金融情報発信サイト「ZUU ONLINE」を立ち上げた冨田和成氏の処女作。世界の富裕層を見てきた元プライベートバンカーで現役のベンチャー長者でもある同氏の言葉には説得力があります。お金が増えないと悩んでいる方や資産運用に興味を持っているけど何からはじめていいかわからない方に最適。

殺される患者、生かされる患者 - 100点の治療を受ける方法 -

ワニブックス新書

2016/4/8 児玉知之著

現役医師しか書けない、医療現場に従事する人たちのリアルな気持ちが描写されています。参考になると同時に、少し冷や汗もでる内容です。みなさんもこれを読んでご自身の身を守ってください!

一流の人はなぜそこまで、雑談にこだわるのか?

クロスメディア・パブリッシング

2015/10/14 小川晋平・俣野成敏著

「雑談できなかったら商売にならない」と言い切る著者のお二人は本当に会話がうまい! 戦略的雑談の実態と重要性がよく理解できる良書です。実は、この本の企画も雑談から生まれています(笑)。

日本の未来を考えよう

クロスメディア・パブリッシング

2015/8/25 出口治明著

ライフネット生命の出口会長の念願だった「解説付きデータブック」。完成まで1年を要した、448ページの大作。苦労の甲斐あって、普段新聞を読まない人でもこの一冊を読めば日本の現状がはっきりとわかっていただける内容に仕上がりました。僭越ながら、あとがきを書かせていただいています。

 

偏差値35の「野球バカ」でも東大なら受かる勉強法

ワニブックス

2015/7/17 時田啓光著

オタクのポテンシャルにきっと驚かされる、実話に基づくサクセスストーリー。高校生が読めば受験本。親が読めば子育て本。普通の人が読めば感動小説。著者の時田先生は、いまや東大シェアハウスで話題の人に。

 

地元で愛され全国区へ 東京で勝てるブランドのつくりかた

クロスメディア・パブリッシング

2015/6/15 山本聖著

著者は元カリスママーチャンダイザーにして現役の地域ブランドプロデューサー。さらに政府が注力している中小企業の面的支援スキームの中心人物でもあります。これぞ、ブランドづくりのバイブル。失敗例も網羅したのでより実用的な内容に仕上がりました。

会話が弾むのは、どっち!? - 今すぐ身につく、使えるテクニック33-

ワニブックス

2015/5/26 櫻井弘著

すぐに読めるライトなタッチながら、会話を弾ませるためのエッセンスが凝縮された話題の書。本書をきっかけに著者は「ヒルナンデス!」に出演。なぜか私まで緊張しました。

一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?

クロスメディア・パブリッシング

2015/4/14 小川晋平・俣野成敏著

「プロサラ」で有名な共著者の俣野氏をして「末恐ろしい20代」と言わしめた天才起業家・小川晋平氏の著者デビュー作。はっきり言って、すべての章がためになります。「楽して成果を出すことを考えろ」「HAVEやDOではなく、BEで人生の目標を立てろ」など、私も大いに参考にさせていただいています。ただ、早起きだけはどうしてもできません。

普通の人がお金持ちになりたくなったら

ワニブックス

2015/2/27 井口晃著

ストリートスマートに生きていくための思考を解説した本。自分が貧乏な理由がよくわかりました。全体を通して伝わってくる著者の行動力とポジティブ思考に圧倒されます。

心をつかむ極意 -一瞬で距離を縮める43のルール-

ワニブックス

2014/6/27 高橋滋著

予約のとれないレストラン「カシータ」を飲食経験ゼロから作り上げた男が「究極のホスピタリティとは何か」を熱く語る。高橋さんは同性でも惚れ惚れする「漢」でした。接客業従事者必読です。

一流役員が実践してきた 入社1年目から「できる人になる」43の考え方

ワニブックス

2014/5/12 安田正著

新入社員向けに仕事術、自己管理術、対人関係の極意を紹介しています。挿入イラストが笑えます。

一流役員が実践している仕事の流儀

クロスメディア・パブリッシング

2014/1/16 安田正著

なぜ一流役員はそのポジションに上り詰めたのか? 研修講師が見たその答えは、彼らの日々の仕事の流儀にあった。人気シリーズ第2弾。はじめて奥付に名前が掲載された思い出深い1冊です。

Please reload